このページの本文へ移動
色合い
文字サイズ
サイト内検索

福祉用具購入費の支給について

福祉用具購入費の支給

 在宅の要介護・要支援者がポータブルトイレなどの福祉用具を、特定(介護予防)福祉用具販売事業所から購入したときに、かかった費用の9割~7割分が申請により支給される介護保険の制度です。

 利用限度額は、要支援・要介護度に関係なく毎年4月から翌年3月までの1年間で10万円です。そのうち、費用の1割~3割が自己負担となります。※
※自己負担割合については、お手持ちの自己負担割合証をご確認ください。

 対象となる福祉用具の種目については下記をご確認ください。

福祉用具の種目

申請手続きについて

 申請時に必要となる書類は下記のとおりです。

福祉用具購入費支給申請書 /Excel
◆領収証(原本)
◆カタログ(原本または写し)
福祉用具必要理由書 / Excel(必要な場合のみ)
口座委任状(利用者ご本人以外の口座に振り込む場合のみ)

申請時の注意点

  • 購入にあたっては、事前にケアマネジャーや販売事業者の福祉用具専門相談員に相談してください。ケアマネジャーや相談員の方には申請を代行していただくこともできます。
  • 利用限度額の10万円を超えた場合、その部分は全額自己負担となります。
  • 同一年度での同一品目の購入は、原則、不可となります。
  • 病院や介護保険施設に入院または入所中に購入した福祉用具は、保険給付の対象外となります。ただし、退院(退所)にむけて購入し、退院(退所)後、居宅で利用できるようになったあとに申請する場合は、対象となります。
  • 要介護(要支援)認定申請中(新規・変更)の方は、要介護度が確定されてからの支給となります。
  • 都道府県等の指定を受けた特定福祉用具販売事業者から購入したもののみ、給付対象となります。
  • 購入費用の自己負担分(1割~3割)は、購入代金領収日を基準に決定します。
ページ上部へ
 紀北広域連合 
〒519-3405 北牟婁郡紀北町船津881番地3
 TEL.0597-35-0888 
Copyright (c) 2018 Union of Kihoku Governments All Rights Reserved.
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status